資格取得でキャリアアップ!目的に合った資格を見つける資格取得の応援サイト

Webクリエーターとは? 【民間資格】

あなたが今ご覧になっているWebページを制作する事を業とする人を「Webクリエイター」と呼びます。プロのWebクリエイターとして活躍するには、HTMLファイルのコーディング能力・基本的デザイン能力を身につけ、クライアントの要求に適切に対応できる技術を持っていなければなりません。初級Webクリエイターであれば基本タグや属性の知識を持ち、標準的なWebページを制作ができること、上級ともなれば高度なタグや属性の知識を持ち、クライアントの希望にあうWebページの制作が出来る事が要求されます。

もはや、ホームページは、企業と一般ユーザーを結びつける重要な役割を担っており、企業イメージをアピールしつつ、一般ユーザーの購買意欲をそそる販売ツールでもあるのです。その基盤を作るのが、Webクリエイターなのです。Webクリエイターの資格には、サーティファイWeb利用・技術認定委員会主催の「Webクリエイター能力認定試験」と、(財)全日本情報学習振興協会主催の「Webクリエイター試験」の2つがあります。

Webクリエイターの将来性

社会のIT化が進むにつれ、インターネットは様々な年代の方々に親しまれている情報源となってきました。その流れに乗って、どのような業種でもホームページを開設し、会社のアピールに利用し、知名度を上げたり顧客獲得を目指しています。企業イメージを的確に伝えるために、Webサイトの制作や構成、更新作業などはホームページ制作会社に委託している企業も多数あります。今後も、このようなアウトソーシングは進むと考えられます。それに伴い、高度なテクニックを持つWebクリエイターが求められるでしょう。

おすすめ勉強方法

専門学校などに通って勉強する方や、大学生や社会人でスクールに通って知識や技術を習得する場合が多いようです。個人で楽しむ程度のWebサイトであれば、独学で十分でしょうが、プロとして活躍していこうと考えるならば、専門学校やスクールで勉強するほうが、試験対策だけでなく今後の仕事においても役立つ知識や技術を学ぶ事ができるでしょう。

この資格をより生かすには

初級に合格したのならば、上級をぜひ目指してください。また、Web関連の認定資格は他にもたくさんあります。プログラミング能力を認定する「Webプログラミング能力認定試験」や、サーバーの設計・管理やできる「Webサーバーエンジニア能力認定試験」などに挑戦していくと良いでしょう。