資格取得でキャリアアップ!目的に合った資格を見つける資格取得の応援サイト

上手な学習時間の作り方

1日は24時間しかありません。これは、どうやり繰りしても増える事も減る事もありません。では、どのように学習時間を作れば良いのでしょう。そこで当サイトでは、「ちょbit(びっと)たいむ」の活用をオススメしています。bit(少し)の時間を有効利用するのです。あなたの生活の中で、行動と行動の合間の時間はどのくらいあるでしょうか?

精神科医の和田秀樹氏の著書にあるのですが、「TVを見ていて、20:50頃に番組が終わるとして、21:00から勉強しようと考えるのではなく、終わったらすぐに始めるといい。10分もあると問題の何問か解く事ができる」という時間の活用法が書かれています。

人はとかく区切りのいい時間になったら行動を起こそうと考えがちです。ですが、時間を有効に使うことのできる人は、この少しの時間でも利用するのです。あなたの生活の中には、このような「ちょbitたいむ」はどのくらいあるでしょう。人との待ち合わせの時間、バスや電車を待つ時間、雑誌を読んだり携帯をいじったりして何気なく過ごしていませんか?

そんな時に、ぜひ「ちょbitたいむ」を活用しましょう。さっと取り出して勉強ができるようなA6くらいのサイズのノートに覚えておきたい単語や用語、条文などをまとめておくのも良いでしょう。無理をせず、あなたにぴったりの「ちょbitたいむ」を過ごしてください。

このように時間の有効活用を考えていると、生活全体に無駄な時間がある事に気がつきませんか?資格試験を機に、生活スタイルを考えてみましょう。仕事や家事で疲れた体で、夜勉強しようとしてもなかなか集中できません。このような人は、思いきって寝てしまいましょう。そして、朝、今までよりも2時間早く起きてみましょう。朝の静かな時間を利用して勉強に集中できるはずです。

見たいTVがあるんだけど・・・という人も、全部ビデオなどに録画してしまいましょう。休日は、いつまでも布団に横たわっているのではなく、しっかりと1週間分の復習などに取り組んで、夜は、ゆっくりと家族と過ごしたり、1週間分のTVを見たりして、のんびりと過ごしては如何でしょうか?

仕事をしている人は、業務に支障のないように学習時間を作らなければなりません。勉強したいからと言って、休憩時間まで勉強に取り組むと午後からの業務に疲れがでて、結局は業務がスムーズに進まなかったりします。休憩時間には、食事をさっと済ませ、ゆっくりと過ごすようにしましょう。休憩時間に勉強しない分、帰宅してから気持ちを切り替えて勉強に励むと良いのです。

通勤時間も有効な学習時間になります。ですが、乗り物酔いをする、満員電車内では集中できないなど、学習時間に充てるのが難しい場合は、通勤時間も休養時間と割り切って過ごすと良いでしょう。

1日のタイムワークを作るのもいいですが、あまり細かく作るとクリアできなかった時に焦りを感じます。1週間くらいの中で計画を立てると良いでしょう。クリアできなかった分は、休みの日を利用して取り戻しましょう。大変な受験勉強も、気分の切り替えを上手にする事で乗り越えられます。ONとOFFの使い分けをし、ここぞ!という時の集中力を養いましょう。