資格取得でキャリアアップ!目的に合った資格を見つける資格取得の応援サイト

あなたに合う学習方法

資格取得を目指す人にとって、学習方法を選ぶことは合格までどのような生活をするかという事に繋がります。努力は必要ですが、体調を崩すような無理な計画は避けましょう。また、仕事や家庭と受験勉強を両立させていく場合は、全てにおいて完璧を目指すと自分自身を追い込んでしまいます。時間の使い分けや、効率よく仕事をする方法、家族の協力を得るなどの環境を整えると良いでしょう。次に実際どのように受験勉強を開始したら良いのか説明していきます。


月ごと・週ごとに目標を決め、計画を立てる
資格取得にかかる期間は様々ですが、試験日から逆算して今週ははこの課題をクリアしよう、今月はこの問題集を仕上げようなどの目標を立てましょう。そうすることによって、自分自身の受験意識を平均して保つことができます。長い期間、試験勉強ばかりしていると心のゆとりを失いかねます。自分の中で目標をクリアすることによって、心のゆとりが生まれます。たとえ目標をクリアできなかった場合でも、その時点でまた計画を立て直し努力すれば良いのです。

独学、通学などの学習スタイルを考える
資格によっては、独学でも十分試験に臨む事ができるでしょう。ですが、独学となると教材選びや試験までの計画、試験に関する情報収集などを一人で行う事となります。さらに意志の強さも必要となるでしょう。スクールや通信教育を利用すると、これらの手間を省略する事ができます。また、行き詰った時などのアドバイスを受ける事もできるでしょう。通学、通信に関することは、「通学派?or通信派?」の項で詳しくお話します。

勉強する時間を決める
学生時代に勉強をしていた頃、あなたは夜型でしたか?朝型でしたか?仕事などで疲れきった状態で勉強していても集中力も低下し、効率も悪くなります。仕事から帰ると、ゆっくり食事や入浴などを済ませ、早めに休み、朝型に変えてみると良いでしょう。そうすることで睡眠時間も確保でき、TVなどの誘惑からも逃れる事ができます。有効な学習時間の作る方法に関しては、「学習時間の作り方」の項で詳しくお話します。

10代の頃に比べたら記憶力も確実に低下しています。その分、今のあなたに合った学習テクニックを身につける必要があります。例えば「ノートをきれいにまとめて、満足する」などの時間は省略しても良いのです。時間は限られてる訳ですから、そのようなノート整理に時間をかけるくらいなら問題集の問題に取り組んだほうが確実に力になります。学生時代の概念は取り払って、限られた時間を有効に使うように心掛けましょう。