資格取得でキャリアアップ!目的に合った資格を見つける資格取得の応援サイト

社会福祉士とは? 【国家資格】

身体的、精神的に障害を持つ方や高齢者の方々が安心して日常生活を営む事ができるように、手助けをするのが社会福祉士の仕事です。福祉事務所、児童相談所、身体障害者更正相談所など公的機関において相談や援助、指導にあたったり、民間のケアサービス業や介護保険などの高齢者対応の相談や援助、指導に従事します。社会の高齢化が進む中で、社会福祉士の存在は重要となっていくでしょう。

高齢者の方などは困っていても誰に相談していいのか、どこに相談したらいいのかも分からないまま不自由な生活を送っている方も少なくありません。また、精神的、身体的に障害を持つ方々と健常者との共存は、これからも直視していかなければならない社会全体の課題です。新しい制度が制定されても、十分に活用できていなければ無意味なことです。社会福祉士は、社会の中で福祉活動が十分に機能するように潤滑油のような存在と言えるでしょう。このように、人が人として安心して生活できるように、社会福祉士は福祉の向上に貢献していく重要な役割を担っているのです。

社会福祉士の将来性

急速に進む高齢者社会において、社会福祉士のような専門知識を持つ人材の需要は高くなってきています。今後、ますます活躍が期待されるでしょう。また、社会福祉士の仕事は、性別・年齢を問わず働くことができます。非常にやりがいのある仕事で充実感を得るのと同時に、あなた自身も人との関わりの中で成長していく事ができるでしょう。

おすすめ勉強方法

指定科目を履修していない場合は、養成施設に通う必要があります。大学や短大に進学を考えるのであれば、指定科目が履修できるのか十分に事前調査が必要です。学歴によって、実務経験が必要となるので選択時に注意して下さい。

この資格をより生かすには

技能の一つとして考えるのならば、手話なども勉強してはどうでしょうか?聴覚に障害を持つ方とのコニュニケーションに役立つでしょう。また、実務経験を積んで「介護支援専門員(ケアマネージャー)」の受験資格を得る事もできます。