資格取得でキャリアアップ!目的に合った資格を見つける資格取得の応援サイト

国家資格について

国家資格とは、国や地方自治体、これらに指定された団体などが試験を行い、認定された資格の事を言います。

1. 国--司法試験、医師国家試験etc
2. 地方自治体--歯科技工士、看護師試験etc
3. 指定団体--土木施工管理技師、中小企業診断士試験etc

国家資格は、法律に基づいて試験を行い認定される試験です。例えば、中小企業診断士は、「中小企業支援法」第11、12条に基づき、経済産業大臣が登録をします。国家資格は、法律によって定められた制度で資格が認定されるので、資格取得者は高い社会的評価を得ることができるのが特徴です。

国家資格の強さは高い社会的評価だけではなく、「業務の独占権」と「就職の安定」にあります。資格取得者でなければ業務ができない職種において、有資格者は独占して業務が行えます。医師、弁護士などが当てはまり、身近な仕事であれば、教員や大型自動車免許なども独占的資格となります。

また、業種によって有資格者がいなければその業務を行えないものもあります。測量業をする上で、社内に測量士が1名以上いなければ測量業者として登録ができません。よって、有資格者は就職の優先権を得ることができます。国家資格というと難易度の高いイメージがありますが、指定を受けた学校で単位を取得することで免許を得ることができる資格もあります。

「教員免許」や「保育士資格」などが当てはまります。また、受講をすることによって得る資格もあります。司書は、受講資格をクリアした人が講習を実施している大学に必要書類を添えて受講申込書を提出し、受講をし単位を取得します。

人気の高い情報系の資格にも、国家資格は多くあります。これらの試験は独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターが実施しています。業務の独占権や有資格者が必須である業種はありませんが、情報系の職種は将来有望であり、今後多くの有資格者の活躍が期待されるでしょう。