資格取得でキャリアアップ!目的に合った資格を見つける資格取得の応援サイト

簿記検定とは? 【民間資格】

あなたは、ご自分の家計の流れをきちんと把握していますか?給料日前になって「こんなにお金使っていたっけ?」などと頭を傾げていないでしょうか?簿記とは、このお金の流れを、仕分け・記帳によって分類し、会社の資本・負債などの財産の管理を行う業務です。また、会計担当者は会社の経営状況、今後の経営管理などを決算書から読み取り、会社の運営方針を定めていく重要な役割を担っています。

これらの経理に関わる能力を認定するのが、簿記検定であり、簿記資格保有者は長期に渡って会社にとってなくてはならない存在です。また、長い実務経験が重宝されるので、女性にとっても非常に働きやすい環境が与えられます。そのため、再就職のために資格取得を目指す方も多いようです。また、1級取得者は税理士や公認会計士への足掛りともなり、さらなるキャリアアップになるでしょう。2級も高校程度と言われてはいますが、合格率は毎回ほぼ30%前後であり難易度は低くはありません。採用時の企業へのアピールを考えると、簿記検定2級取得を目標にすると良いでしょう。

経理、簿記というと華やかなイメージとはかけ離れているように感じるかもしれません。ですが、経理のしっかりしていない企業は育たないのです。最先端をいく企業であっても経営に関して知識がなければ、いずれ破綻するでしょう。経理のプロは、企業の基盤を支える重要な役割を果たしているのです。

簿記検定の将来性

社会のIT化が進むにつれ、インターネットは様々な年代の方々に親しまれている情報源となってきました。その流れに乗って、どのような業種でもホームページを開設し、会社のアピールに利用し、知名度を上げたり顧客獲得を目指しています。企業イメージを的確に伝えるために、Webサイトの制作や構成、更新作業などはホームページ制作会社に委託している企業も多数あります。今後も、このようなアウトソーシングは進むと考えられます。それに伴い、高度なテクニックを持つWebクリエイターが求められるでしょう。

おすすめ勉強方法

専門学校などに通って勉強する方や、大学生や社会人でスクールに通って知識や技術を習得する場合が多いようです。個人で楽しむ程度のWebサイトであれば、独学で十分でしょうが、プロとして活躍していこうと考えるならば、専門学校やスクールで勉強するほうが、試験対策だけでなく今後の仕事においても役立つ知識や技術を学ぶ事ができるでしょう。

この資格をより生かすには

初級に合格したのならば、上級をぜひ目指してください。また、Web関連の認定資格は他にもたくさんあります。プログラミング能力を認定する「Webプログラミング能力認定試験」や、サーバーの設計・管理やできる「Webサーバーエンジニア能力認定試験」などに挑戦していくと良いでしょう。