資格取得でキャリアアップ!目的に合った資格を見つける資格取得の応援サイト

行政書士とは? 【国家資格】

行政書士の仕事は、クライアントの依頼を受け、官公署に提出する書類、権利義務又は事実証明に関する書類を作成する事です。法改正により、行政書士が作成した書類を官公書に提出する手続きについて代理ができるようになりました。あなたの身近な事で説明すると、自動車を購入した際に、自動車登録申請や車庫証明申請の書類を作成したり、遺言書の作成・執行、戸籍関係の手続きなど、行政書士が携わっています。このようなことから、行政書士は私たちの生活に最も身近な法律家と呼ばれています。

また、会社や法人の設立の際にも書類の作成や手続きなどを行い、その後も許可申請書類の作成や手続き、ISO認証取得など、業務上重要な手続きを行っていきます。行政書士は、クライアントから依頼された書類の作成を行う代理人という立場から、様々な業種や複雑な業務に関わる行政手続きのエキスパートとして活躍しているのです。

行政書士の将来性

複雑な手続きなどを代理として行う事ができる行政書士は、今後も更に重要な役割を果たしていくでしょう。国内の企業の大半を占める中小企業にとって、許可申請書類やISO認証の取得などは今後ますます加速していく分野だと考えられます。このように、企業に対して通用する知識を持つ事によって、行政書士の活躍の場は広がるでしょう。


おすすめ勉強方法

行政書士は合格率の低い難関な資格ですが、コツコツと努力を重ねることで合格も夢ではないでしょう。独学で勉強するのもいいですが通信教育などを利用して効率良く学習するのが良いでしょう。


この資格をより生かすには

「宅地建物取引主任者」と組み合わせて、不動産関連専門の手続き全般を行ったり、損害保険業で自賠責保険や任意保険の請求手続きを行ったり、取得する事によって現在の職業に役立つ事もあるでしょう。また、外国人の出入国や帰化の手続きなども行政書士の活躍の場なので、語学関連の資格も非常に役立ちます。また、法人・会社設立からその後のコンサルタント業に至るまで関わる事ができるように、「中小企業診断士」や「社会保険労務士」などの取得も独立の際、強いでしょう。