資格取得でキャリアアップ!目的に合った資格を見つける資格取得の応援サイト

DTP検定とは? 【民間資格】

DTP(Desk Top Publishing)とは、パソコンを使って、雑誌や書籍、パンフレットやカタログなどの原稿の作成、ページレイアウトや写真や画像の処理、デザインなどの作業行う事です。DTPの作業能力を持つ人材の需要は高く、その能力を認定する検定が「DTP検定」と呼ばれているものです。

DTP検定は、レイアウトやデザインなどを作成するデザイナー、オペレーター、クリエイターなどの職に就く人の検定を行う「プロフェッショナルDTP(T種)」、レイアウトの作成や修正などを行い、企画・編集や広報向けの検定を「ディレクションDTP(U種)」、営業や事務などの印刷物(プレゼン資料、社内報など)向けの「ビジネスDTP(V種)」といった作業の目的に合わせて、3種類あります。検定に合格することによって能力の高さを証明する事になるので、就職・転職にも非常に強い資格の一つと言えるでしょう。

DTP検定の将来性

現在、即戦力となりうる人材が求められています。出版・印刷会社やデザイン会社、広告代理店などの就職はもちろんのこと、メーカーなどの企画・販売促進などからの求人もあります。中でも需要の高いのは、実際にデザイナー・クリエイターとしての能力を持つT種です。T種取得者であれば社会的評価も高く、独立してフリーで働く事も可能でしょう。DTPオペレーターとして派遣社員の募集も多く、時給面など他の職種に比べると高く設定されています。

おすすめ勉強方法

Windowsしか操作した事のない人はMacの操作を習得する事が必要になります。デザイン会社の多数が、Macの操作能力を持つ人材を希望しています。知識とともに高い技能を要求される職種なので、専門学校やスクールなどで勉強したほうが良いでしょう。

この資格をより生かすには

DTPU種・V種取得者で、デザイナーとして働きたい場合はT種合格を目指しましょう。また、Illustrator、Photoshopなどの技術も同様に求められるので、「クリエイター能力認定試験」に挑戦してみると互いの資格を引きたてる事となるでしょう。また、Web関連の技術も会社によっては優遇されます。