資格取得でキャリアアップ!目的に合った資格を見つける資格取得の応援サイト

介護福祉士とは? 【国家資格】

介護福祉士とは、障害を持つ方や高齢者の方々の日常の介護(入浴、食事介助など)を行う仕事です。社会福祉士が、福祉の相談や指導といった仕事であるのに対し、介護福祉士は実際に介護を行う専門家として、介護される側の身体的・心理的状況の把握や介護の技能などが求められます。

介護福祉士の資格保有者は、ホームヘルパー(訪問介護員)の1級と同等の資格であり、社会的評価も高くなります。現在、ホームヘルパーとして活躍されている方は、介護福祉士の資格を取得する事でキャリアアップに繋がります。質の高い介護は今後ますます進んでいく高齢化社会にとって重要な課題であり、介護に対する専門知識と技能を持つ人材が必要となってきています。施設やデイケアサービス業にとどまらず、在宅ケアにおいて介護福祉士の存在は非常に大きいでしょう。

介護は、同居する家族にも身体的・心理的にかなり負担がかかります。また、家族形態の変化によって核家族化や単身赴任などで同居人のいない高齢者は、ほんの些細な事でも不安になったり、不便なことも多々あります。在宅ケアサービスを利用することによって、介護する側もされる側も身体的・心理的に余裕がでてきます。介護福祉士は、介護を通して「心の支え」になる仕事と言えるでしょう。

介護福祉士の将来性

急速な高齢化社会に対応するために、民間のケアサービス業や施設などでの需要が高まると考えられます。介護福祉士の資格は、福祉に従事する者のレベルの向上を目的としているため、資格保持者は就職時に、待遇や給与の面で優遇されるでしょう。

おすすめ勉強方法

高卒以上で厚生労働大臣指定の養成学校を卒業した場合は、国家試験を受験しなくても資格を得る事ができます。「ホームヘルパー」などの実務経験を積んだ上で国家試験を目指すのであれば、仕事と両立となるので無理のない計画を立てて、効率良く学習できる方法をとった方が良いでしょう。

この資格をより生かすには

実務経験を積んで、「介護支援専門員(ケアマネージャー)」の受験資格を得る事ができます。また、将来的には養成施設に通って「社会福祉士」となるのも、介護の現状をよく理解できている点で強みとなるでしょう。